< 2016年12月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンタ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年10月11日

G42用にサイトを製作・その3





さて、トリチウムのカプセルの件ですが、ふと机上に置いてあったゴミを飛ばすエアダスターの半透明の延長ノズルが目に入りました。




外径は約2.45mm、内径は約1.4mmで、たまたま開けた穴が2.5mmだったのでピッタリのサイズ。
この延長ノズルの中にいつも使っている「粉状夜光塗料+エポキシ接着剤」をストローのようにして吸って中に入れようと考えました。
やってみたところ大成功。
蓄光させて暗闇に持っていったところ、小型ライトセーバーの出来上がりです。







硬化した後に輪切りにしてサイトの中に入れました。








これでG42用サイトは完成です。










トリガーガードの付け根も深く削り込みました。








これで安心して持ち歩くことができます。 ( オイオイッ! )   

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 17:30Comments(0)エアガンガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年10月06日

G42用にサイトを製作・その2


さて、G42用サイトの続きです。

アセトン完全乾燥後、細かいヤスリで外装を整えます。
(下の画像は「中仕上げ」段階です。)




その後、最終的にヤスリで出来てしまった筋、積層で出来てしまった鬆、その他凹みなどを確認して瞬間接着剤で埋めて、最後にガラスや小さな平面ヤスリに800番辺りの耐水ペーパーを貼り付けて仕上げ、つや消しブラックをスプレーします。


これまたピンぼけですみません


あっ、因みにフロントサイトはこちら。





後はいつもの方法で夜光塗料を入れるのですが、今回は実物のようにカプセルにトリチウムが入ったような感じにできたらと考えたところ、机上のあるものが目に入りました。
もしも上手くできれば次回報告します。
出来なかったらいつのも方法で……。(爆)  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 12:49Comments(0)エアガンガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年10月02日

G42用にサイトを製作・その1


G42にテクスチャー加工を行い、マグキャッチ(マガジンが外れるけど……。)とマガジンパッドを交換したのですが、そうなるとノーマルのサイトでは寂しい……。
そこで好みのデザインのものがないかYouTubeで検索していたところ、作りやすそうな外観で気に入ったものがありました。





レニー・マギール……、老けたな……。




フライス盤があれば金属から削り出すのですが、電動工具はボール盤かドレメルぐらいしか持っていないので1mm、2mm、3mm、4mm厚のABS板を使い、アセトンで溶かしつつ積層して製作します。

まずは最初にリアサイトの凹部の底辺までを作ります。
因みにネジ受けの真鍮部分は以前紹介したものを使います。




お次は二枚の同じ高さのABS板で凹部の両壁を作るのですが、その幅とスライドとの平行を保つために、希望の幅の何か長いもの(今回はドライバー)を治具として固定し、接着します。




接着後に治具を取外したものが下の画像です。




はみ出た部分をカッターで削り取り、ヤスリにて荒削りをして再度、この状態で筆にて毛細管現象を利用して、隙間にアセトンを染み込ませます。
アセトンを完全に乾かせるため、一日以上放置します。




この後は次回に……。
  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 22:08Comments(0)ガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年10月01日

G42用の約1.6倍装弾数が増やせるマガジンベースパッド





個人的にHogwards純正ロングマガジンのベースパッド部のデザインはあまり好みではなく、自分でタラン風の物を作ろうと思っていたのですが、Ace1armsから発売されていたのを知り手に入れました。

Hogwards純正ロングマガジンの方は手にしたことがなく、ガススペースがノーマルよりも増えているかどうかは知りませんが、BB弾は2発多くて14発入れることが出来ます。

Ace1armsの方はベースパッド内が第二のガススペースとなり、BB弾は何と7発も増やすことができ、装弾数は19発にもなります。
元々マガジンが小さいので、少しでもスペースが増やせるのは有り難く、ノーマルマガジンと撃ち比べると明らかに元気にブローバックしてくれるのが解ります。

組み立ては簡単で、ノーマルのマガジンからベースパッドをスライドさせて取外し、マガジン底部のスクリューを解いてマガジン底部を取外します。
このスクリューと底部に付いている四角いパッキンは流用します。










組み込み後、マガジンに耳を当てると微妙にガスが漏れている様で音がし、24時間後チェックしたときには空になっておりました……。
再度分解して、組み直したところ今度は漏れなくなりました。

尚、そのままではマガジンキャッチが掛かる所までマガジンを押し込むことが出来ず、フレーム底部をコンマ数ミリ?削りました。







本体はアルミ削り出しでアルマイト加工がされており、色はブラック、グレー、レッドの三色があります。

ただ一つ残念だったのは、実物のTTIベースパッドは+1発用と+2発用があるのですが、そのどちらよりも高さが高く、見た感じが長すぎるので、出来れば+2発用の高さで商品化してて頂きたかった。








  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 00:01Comments(0)ガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年09月28日

残念なお知らせ……。


私の個体だけかもしれませんが、先日の「G42用のちょと大きめマガジンキャッチ」はマガジンが勝手に抜けることが判明しました。

なぜ分かったといいますと、TTIタイプ・マガジンバンパーを組み込んだマガジンをガンに収めてグリップしていたところ、小指がバンパーに掛かるわけですが、握っている力を強めると小指がマガジンを下に抜こうとする力が働き、マガジンが抜けてしまいます。
ノーマルの薄いマガジンベースでも、ベース部を持ってカタカタとゆすりながら下に引っ張るとキャッチが解けてしまいます。
もとの樹脂製マガジンキャッチに戻したところ起こらなくなったのですが、強く引っ張ると外れることがありました。
マガジンのマガジンキャッチが食い込む部分が浅いデザインのためかと考えられます。  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 00:17Comments(0)エアガンガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年09月27日

G42用のちょと大きめマガジンキャッチ


発注していた Ace1arms のNDZタイプマガジンキャッチとTTIタイプマガジンパッドが到着しました。
先ずはマガジンキャッチから……。




ノーマル・マガジンキャッチの押さえる部分は平で縦にセレーションが入ったものですが、そこにかまぼこ型の膨らみを付け、横向きにセレーションを付け直した感じです。




今回取った画像では分かりにくいですが、ノーマルは樹脂製なのに対して Ace1arms のものはアルミ製でアルマイト加工がされており、そこだけ浮いた感じはしますが、何と言っても操作性は格段に向上します。
まぁ、マガジンキャッチが押しやすくなったということは誤作動させてしまう危険性が増えるわけで、コンシールウエポンとしてはどうなの?って疑問もありますが気に入っております。  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 11:45Comments(0)ガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42

2016年09月25日

G42にテクスチャー加工


現在、G42用のマガジンキャッチとマガジンパッドを発注中で、到着する前にどこかを弄ってやろうということでテクスチャー加工をやってみました。




テクスチャー加工後の効果は高いし、作るのも楽しいのですが、実を言うと出来上がり後の外観は個人的に好きではありません……。
もう何点もグロックのフレームを加工して出品させてもらっていたのですが、トライポフォビア気味の私は、昨今一番一般的?なチェッカーを入れた円筒を押し付けるタイプが一番ダメで、どちらかと言うとゴジラ肌と呼ばれる縦線タイプの方がまだ好みです。




そこで色々と検索していたところ好みのものが見つかりました。
メーカー純正のプラグリでもこんな感じのものがありそうです。











短い線で不規則に放射状に花柄の様に押し付けられたもので、早速、五寸釘で半田ゴテの先端を作り、カイデックスの切れ端で試してみました。




上手くできそうだったのでG42に行ってみたのですが、G42のフレーム素材ではカイデックスの様にはっきりと線にはならず、ブズブズと少し溶け気味になりましたが、まぁまずまずの出来かと思います。






  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 00:22Comments(0)素材・工具・加工ガスガンHOGWARDS/G42

2016年09月17日

KSC P226 ラスト・インプレ & 出品





さて、最終インプレです。

集弾性チェックのため、マルイ0.2gBB弾を使って5.5mの所から一秒間に一発の間隔で撃ちました。
少し触ったマルイP226と比べて、KSCの方はノーマルながらかなり頑張ってくれています。
サイトですが、マルイの方はそのままでは2cmほど下に集弾するのですが、KSCの方はそのままで良い感じに集弾してくれます。
※ 黒円の外側の大きさは500円玉とほぼ同じ大きさです。




次に弾速を測ってみました。
マガジンの温度は30.1度。2秒間に3発ぐらいのスピードで10発撃ったのですが、弾速はマルイよりも5%ほど高く、安定性も高いように感じます。




さてさて、自分にとって 「P226はKSCか?マルイか?」 というのを完全なる独断&偏見で判断したいと思います。

「外観のリアルさはKSCの勝ち」
「刻印もKSCの勝ち」
「重さも実銃並みのKSCの勝ち」
「実銃グリップポン付け出来る(試してないけど)のでKSCの勝ち」
「両者切れが悪いものの、切れる位置や切れた後のトリガートリップが殆ど無い点などで実銃に近いKSCの勝ち」
「実銃通りの『ひびき撃ち』のあるKSCの勝ち」
「HW製は『バコッ!』としたリコイルが来て楽しい」
etc.....

なのですが、P226というガンをマッチで使いたい自分としては……。

「ABSスライドは軽く、HWの様な粘りもないのでシャープに動くマルイが勝ち」

という一点を重視し、今後もマルイP226を使い続ける事にしました。
今回のKSCP226は、第一目的としてそれを判断するためのテスト用として購入したもので、今後はガンラックの肥やしになってしまうため、早々にヤフオクで出品することにしました。
24時間ほど箱から出しただけで、空撃ち100発、BB弾発射は30発程度の新古品ですが、ハンマーとスライド内側の接点は綿棒にコンパウンドを付けて研磨をしております。このようなもので宜しければ御覧下さい。

新製品/KSC P226R(HW)/約130発の試射のみ
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c570414945



  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 00:01Comments(0)ガスガンKSC/SIG P226

2016年09月16日

KSC P226 チョコっとだけのセカンド・インプレッション





さて、今回はハンマー周りで気がついたことです。

ハンマーが落ちた状態では気にならなかったのですが、起こした状態で眺めていると何故か違和感が……。
マルイの方は実銃と形状が似ているのですが、KSCの方はファイアリング・ピンと接する打面の角度が違うのと、スパー部分が実銃よりも細くて長く、似て非なるもの?って感じがします。
多分、「ひびき打ち」やインパクト・ハンマーの関係から打面の形状が変えられたのかもと推測しますがどうなんでしょうね?




下の画像を見るとわかりますが、赤い線の角度が全く違います。緑の線のところまで削ると似た感じになりますが、多分構造上やらないほうが良いのでしょうね。




またマガジンを抜き、トリガーを引かずにスライドを引いては放す、引いては放すを繰り返すと、マルイの方は殆ど抵抗なくスカスカとリコイル・スプリングの力によってスライドが勢い良く戻るのですが、KSCの方はハンマーとスライド内の擦れる部分を研磨しても動きが渋く、ゆっくり最後まで引いて放すと、ハンマー・スプリングの力によってハンマーがスライド内部を上に押し、スライドストップがフリーになっているにも関わらず、スライドが止まったままになります。




そして他に気がついた点ですが、マルイの方はスライドを下げていくと2.5cmほど下げた位置でハンマーが起こされてフルコックされますが、KSCの方はほぼフルストロークの4cm弱まで下げないとコックされません。
これはスライド内側のハンマーと擦れる面の起伏の形状によるものなのですが、その事よりもKSCの方はその凸の高さがギリギリの高さで、スライドのセレーション部分を握って上側に引き上げた状態では、スライドをいっぱいに引き下げてもハンマーがコックされません。



※ 右手でグリップを握った画像を撮りたかったのですが、なんせ一人で撮影しているので……。


今回はここまでです。
続きは何時になるやら……。
  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 12:58Comments(0)ガスガンKSC/SIG P226

2016年09月15日

KSC P226 チョコっとだけのファースト・インプレッション


フォートレスさんで予約していたKSC P226が到着したので早速いじってみました。




開封後、まず「あれ?」っと思ったのはフレームのグリップ部全面のセレーションの幅がマルイよりも狭いことです。
今はP226はマルイのものしか持っておらず、またタナカのP228やP229も持っていたのですが随分昔のことで記憶にありません。




それと「マルイは外観がオモチャっぽいけど、KSCはリアル。」なんてことを聞きますが、私のマルイP226はフレームのパーティング・ラインを消して塗装済み (といってもマッチで使っていてハゲハゲ) であるためか、思ったほど差は感じられませんでした。
まぁ、隅々見比べていくとアレなんですが……。

さて、それらよりも大きな違いなのがトリガーを引いてハンマーが落ちた後のポジションです。
KSCのWebサイトでは 「ひびき打ち」 と記されていますが、実銃どおりトリガーを引いてハンマーが落ちた後にハーフコックの位置まで戻るようになってます。
具体的に書きますと、マルイの方は空打ちをするとハンマーが奥まで倒れるので「パシッ!」とした感触がありますがますが、KSCの場合は一旦奥まで倒れ、一瞬にしてハーフコック位置まで起き上がるので「ビヨヨ~ン」っとした感じがします。これはKSCのガスガンほどではありませんが、実銃でも同じ感じがした覚えがあります。




現在、BB弾を込めずに百発ほどガスのみで空打ちをしたので当たりが徐々に付いてきているのですが、それでもHW材の為か「ネタッ」というか「モッサリ」というか全体的に粘りを感じます。今まで使っていたマルイの方は各所に手を加えているのと、ABS製であることも手伝って作動がシャキッと早いので余計に感じるのかと思います。

購入前から気になっていたトリガーのキレですが、KSCのサイトでは「機関部の要所に焼結製パーツを採用し、トリガープルの粘りを解消しています。」とありましたがマルイ同様の掴みどころのないもので、引いて行ってどこでハンマーが落ちるのか分からない感じのものです。
ただ、マルイのP226の時に紹介した加工をした後のように、ハンマーが落ちた後のトリガートリップが殆ど無い設計になっていました。ハンマースプリングがもっと固いものなら少しはシャキッとするのかもしれませんが、強いものだとブローバックの妨げになるかと思います。

実物のホーググリップが付いてくるくのは嬉しいのですが、下の画像の人差指から水かき、親指にかけての赤い部分が太いと繊細なトリガーワークがしにくくなります。出来ればホーグのデブっちょグリップではなく、SIG純正のプラグリの方が個人的には有り難かった……。




そこでマルイのエルゴノミック・グリップが付かないか試してみたのですが、先ずは画像の突起部が邪魔で奥まで差し込めません。




それとこれは実銃をエルゴノミック・グリップに交換する時もなのですが、ハンマー・ストラットとメインスプリング・シートが干渉するためにそれ用のパーツに交換しなければなりません。




どなたかマルイの普通?のP226をお持ちの方!!
KSCの以前のSIG純正プラグリよりも実銃に近いマルイのグリップがポン付け出来るかお教え下さい!!


  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 21:37Comments(4)ガスガンKSC/SIG P226

2016年08月31日

イヤな事件が……。


ご無沙汰しております。ボーディです。

なぜ更新を怠っているかと言いますと、仕事、金欠、そして何よりも買いたいものがないというのが一番の理由です。
KSCからHWのP226が売りだされるのには期待しておりますが、出来ればレギオンにするとか、ワンピースのエンハンスド・エルゴノミクスグリップ付きP229にしてくれると有り難かったのですが、外観は今までのものと同じで新鮮みがありません。

さて、近県で嫌な事件が起こってしまいました。これでまたガンに対する世間の目が冷たくなりそうで嫌ですね……。
一般人がどうやって二丁も実銃を手に入れられたのかという事のほか、今までこの様なニュースで見かけるトカレフや二流?のガンとは違い、シルバーの方はどう見ても1911。

もう一方の黒い方は何か分からなかったのですが、先程Yahooニュースの画像を大きくしてピンときたのがステアーGB 。

もしもステアーGBだとしたら、海外のコレクター?が所蔵していそうな種類のものまで日本に入ってきているということで恐ろしですね。









  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 21:50Comments(0)その他

2016年05月01日

ガンネタがないので、クルマネタおば……。


今まで車は、三代目スターレット → 初代インテグラ → 二代目インテグラ → 三代目オースター → 初代オルティア → 初代フィットと乗り継いできたのですが、そのフィットが今年で14年目を迎え、また年間に3千キロほどしか乗らないので、なんだかんだで人生初の軽自動車、そして初のターボモデルの「N-WGN カスタム」に乗り換えました。

前車フィットのナンバーが「83-69」で、家族からは「やーさん向く」と揶揄されたので、これまた初の希望ナンバー制度を体験。
初めてだったので四桁ばかりに気を取られ、「やっぱりテッポウ好きならこれだな」という事で「19-11」をチョイス。
今から考えると「・2-26」の方が自分らしかったかも?と思ってます。





  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 12:27Comments(0)その他

2016年04月15日

G42の精度


またまた久しぶりの書き込みとなりました。今回はG42の精度編です。




上のグリーンのシールが貼ってある方が3.5mmの距離で手を台に乗せて固定し、1秒に1発ぐらいのスピードで11発撃ったものです。
(ターゲットの丸い円は500円玉大)

サイトはそのままで合っているようです。
フロントサイトの幅が広いのも影響しているのかもしれませんが、集弾に少しばらつきがあります。しかし同じぐらいのサイズのKSC SIG SAUER P232も同じようなものでした。
http://bodie.militaryblog.jp/e478526.html

その下の赤いシールは6mmから立ったままでフリーハンドで撃ったもので、若干ですが下に落ち、また左に寄っている感じです。

これは空撃ちした時から感じていたことなのですが、グリップが小さく、自然に人差し指をトリガーに掛けると、第一関節と第二関節の中間より更に第二関節側にまで回ってトリガーが引きにくく、指をトリガーガードから出し気味にして、人差し指の中辺りで引こうとする為に、引いた瞬間にトリガー自身を左側に押す感じとなるためかと思われます。  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 21:10Comments(2)その他ガスガンHOGWARDS/G42

2016年03月03日

G42の初速


さて、G42の初速を測ってみました。



マガジンを温めて9発撃った結果が以下の通りです。
温めすぎ(足温器)た為か、小さなマガジンながら最初から最後まで思ったほど程変化がありませんでした。
今度、夏場におしりのポケットに入れて温めたらどのくらいまで温度が上がるのかやってみたいと思います。






  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 23:36Comments(0)その他ガスガンHOGWARDS/G42

2016年02月26日

G42用のカスタム・リコイル・スプリング





dokatinさんの「GBB大好き親父ブログ」を読ませて頂いたところ、ストライクアームズさんからG42用のカスタムスプリングが発売されているのを知りました。

その名は「【オリジナル】 Hogwards/StarkArms G42 GBB用 カスタムリコイルスプリング バランス型 」です。

http://strikearms.jp/SHOP/SAO_HOGWAORDS_G42_RECOIL_SP_SET.html

上記URLをクリックして説明文を読んで頂きたいのですが「小さいマガジンの不利をなるべく感じさせないように、作動性を高めた上で、スライド閉鎖を助ける設計〜小気味よい手応えのリコイルを残し、給弾不良が起るガス圧要件を緩和したリコイルスプリング〜組込んでもあまり違いは分からないかもしれません。〜作動の安定性向上と給弾不良要件の緩和がメイン。〜明かに挙動の安定感が違うはずです。」とのこと。

今の時期、装弾数の12発の初めから最後まで、同じ調子で撃ち切るのは難しく、タンク容量一杯までガスを入れると発射時に吹きまくるし、逆に少ないと最後の方でダレる……。
そこで以前、マガジンのタンク内が空の状態から何秒間ガスを入れるのがベストバランスか試したことがあるのですが、やっている内にわけが分からなくなって中断したことがありました。

今回、安定性を求めてカスタム・スプリングを購入したのですが、オリジナル・スプリング(といっても私のはG42購入後、5日間ほどスライド・オープンさせたままで放置して弱めてあります)と比べると、若干2本とも弱めに作ってあるようです。
下の画像の方法で試したため、数値的なことはわかりません。
二つのスプリングを一本の棒(画像ではドライバー)に通して圧縮すると、弱い方(カスタム・スプリング:シルバーの方)から縮んでいき、その差が大きいほど、弱い方は早く底付きをします。




組み込んだ後、ズボンのポケットに入れて温め、10マガジンほど撃ってみましたが、取り敢えずはガスがほぼ無くなるまではキッチリとブローバックしてくれるようになったような気がします。  

Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 21:31Comments(2)ガン・アクセサリーガスガンHOGWARDS/G42